象牙のはんこがどうして人気があるのか

象牙印鑑がどうして人気があるのか知っていますか。 なんとなく、高級品だと思っている人が多いと思います。 まず象牙印鑑は印鑑としての機能が優れています。 象牙印鑑は、朱肉がなじんで且つ文字が途切れて、押しなおしなんて事は少ないと思います。良く印鑑でありますよね、「鮮明でないので押しなおしてください。」と銀行なんかで言われませんか。象牙印鑑は、まずそのようなことは無いでしょう。 象牙印鑑は強度があってまず欠けることはありません。 そして、材質そのものきめが細かいです。 きめが細かいと何が良いか、細かい字を掘り込むことが可能なのです。 そのため、実印なんかを象牙印鑑で作る人も多いのではないでしょうか。 そう象牙印鑑と言っても、象牙の使う部分で象牙印鑑の価値が変わってきます。 それでは、どのような象牙が象牙印鑑として価値が高いのでしょうか。 それは象牙を横に印材として取ることです。イメージとしては、象牙に対して直角に象牙を印鑑として使用します。 そうすると、模様が綺麗になるし、決め細やかな文字が彫れるのです。 象牙は今ほとんど手に入りません。 それでこそ、象牙印鑑はますます値段が高くなり、昔のように安易に手に入れることは出来ません。 昔は成人した記念や、社会人になったとき象牙印鑑をもらったりしたものです。 自然との共存で象牙を乱獲するのはやめるべきです。 でも印鑑として最高級の象牙印鑑は後世に残して行きたいですよね。 これから、象牙印鑑がまだまだ入手できるのか私は懸念してやみません。

 

 

象牙印鑑を販売している通販ショップ

Yinkan.com

はんこプレミアム株式会社の運営する印鑑通販ショップ
取り扱う象牙は品質によって「並上」と「極上」の2種類。

 

経済産業省認定象牙取り扱い業者 認定事業者番号 T-3-12-30822

 

はんこプレミアム

 


 

はんこdeハンコ

印章彫刻機も製造するメーカー直営印鑑通販ショップ
中層部にあたる部位を使用した「象牙特選」、中心部に最も近い部位の中でも特に目が細かい「象牙極上」、中心部分(芯)を縦にとる希少価値の高い「象牙日輪」を取り扱っている。経済産業省への象牙取り扱い届出業者。

 

経済産業省認定象牙取り扱い業者 認定事業者番号 T-0-27-00504

 

 

 


 

職人工房

創業40年の実績。職人工房リテールグループ
最高級素材である象牙を引き立てる本オーストリッチ革、本カメ革、本ワニ革などの高級ケースと南部鉄器の朱肉入れが付いたプレミアムセットや、贈答用の開運セットなども用意されている。経済産業省への象牙取り扱い認定業者。

 

経済産業省認定象牙取り扱い業者 認定事業者番号 T-3-12-30826

 

 

 


 

平安堂

60もの実店舗を運営する信頼の印鑑専門店
最も安価な「本象牙」、芯に近い目が細かな「高級本象牙」、目の詰まった部分からのみ作られる「特選本象牙」、芯周りの最も目の細かな1本の牙から数本しか取れない「極上本象牙」、芯を横向きに取る最高級「日輪」と通常より長めの「高級象牙2寸5分丈」「日輪2寸5分丈」を取り扱っている。完全手彫りにも対応。
象牙100年保証制度あり保証対象 象牙商品一覧

 

経済産業省認定象牙取り扱い業者 認定事業者番号 T-3-12-00444